水色の『FX CFD 比較 ランキング 情報・局』

アクセスカウンタ

海外FXランキング iforex.jpg 外為ジャパン

zoom RSS FX 株 脱税情報集 逮捕者等 まとめ 脱税のペナルティは?  FX利益・申告しないとどうなるの?

<<   作成日時 : 2017/11/18 00:02   >>

驚いた ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

画像



☆バイナリーオプションの比較、口座開設・入出金方法・詳細内容・
タイアップキャンペーンはこちらをクリック!!
▼"バイナリーオプションは、トランプの「ハイ&ロー」と同じように、
相場が上がるか下がるかを当てるだけの簡単な投資です。”
予想が当たれば約2倍になります▲


FX 株 脱税情報集 逮捕者等 まとめ 
89歳男性がFXの利益、2年間で10億8130万円の利益隠す 栃木
70歳男性がFXの利益、6億3100万円の利益隠す 足立区
63歳父母・33歳女性がFXの利益、7億2600万円の利益隠す 兵庫
66歳女性がFXの利益、1億1900万円の利益隠す 足立区
71歳男性がFXの利益、3億1200万の利益隠す 和歌山 
84歳男性がFXの利益、2億2000万円の利益隠す 江戸川区
51歳男性がFXの利益、1億2000万円の利益隠す 三重
59歳主婦がFXの利益、4億700万円の利益隠す  世田谷区
65歳男性がFXの利益、2億1000万円の利益隠す 愛知
64歳男性が原油先物の利益、7億6900万円の利益隠す 豊島区
20歳男性がFXの利益、10億円の利益隠す 東京 
35歳男性が株式売買の利益、9億円の利益隠す 大分 
75歳男性が株式売買の利益、12億円の利益隠す 大阪 
64歳女性が日経オプションの利益、2億7000万円の利益隠す 愛知 


2012年3月9日、脱税容疑で逮捕されたのはシンガポール在住の会社役員・溝田耕治氏(37歳)。溝田氏は2009年から2010年にFXで稼いだ所得、約3億6800万円を申告せず、約1億4000万円を脱税した容疑で逮捕された。

「東京地検特捜部は、個人投資家に人気の外国為替証拠金取引(FX)などで得た利益を隠し、所得税約1億3900万円を脱税したとして、同税法違反の罪で、東京都世田谷区の○○○○(主婦)を在宅起訴した。
 起訴状などによると、被告は数年前に死去した母親から相続した遺産などを元手にFXや商品先物取引に投資。家族名義の口座を利用して申告から除外するなどの手口で、2005年までの3年間に得た利益約4億700万円を隠し、所得税約1億3900万円を免れていた。」

 上の記事は過去に実際のニュースで発表されたものです。

 正規のニュースにはもちろん名前もフルネームで掲載されています。

 主婦が5億近い利益を出していたと言うのにも驚きますが、この時、隠蔽していた1億3900万円の本来納税すべき税金と、更には罰金3400万円、その上で懲役1年6月執行猶予3年が科されました。


 読売新聞の報道によると、「静岡地裁は9日、自動車部品製造会社役員の男 (37)を所得税法違反(脱税)の疑いで逮捕(中略)09年と10年分の所得計3億6800万円を申告せず、約1億4000万円を脱税した疑い」とある。

 副業のFXで2年間に計3億6800万円もの大金を稼ぎだしていたという事実。男性は自動車部品製造会社に勤務していて、金融や投資、為替、株式のプロではない。そんな人物が誰にも頼らず、わずか2年でそのような莫大な利益を出した


磯貝清明さん
2004年に100万円でFXを始めて、2007年7月のピーク時には、証拠金が10億円にも達していました。

しかし、2008年に脱税で逮捕された時には3000万円しかなくて、税金を払いきれず、貧乏生活になってしまった人です。

税

夢のようなセレブ生活をしていた磯貝清明さんのもとにマルサがやってきました。磯貝さんはFXで儲かったお金に所得税がかかる事を知らず所得税を払っていなかったのです。このことは実名で新聞各紙に報道され大事に。追徴課税2億4000万円を課せられました。豪遊がたたり、ピーク時に10億円あった資産は3000万円した残っていませんでした。そのため2億1000万円の借金ができてしまいました。そのためヒルズの部屋を解約し、金属リサイクル工場へ逆戻りしてしまったのです。

令状を手にしたマルサ(東京国税局査察部)の査察官たちが突然乗り込んできて、押収物をダンボール箱に詰め込んで運び出していく─。そんなテレビのニュースで見る光景が目の前で繰り広げられたのは、2008年10月のことでした。彼らは朝の8時ぴったりに自宅マンションと、実家と、僕が経営する会社に一斉にやって来ました。おまけに、僕がFXの口座名義を借りていた友人や元カノの家にまで、同じ時間に乗り込んでたらしいです。「会社休まされたんだけど(怒)」というような連絡が次々来てびっくりしました。

池辺雪子さんは、今はあまりトレードされてないみたい
「ドル/円相場が80円台になろうとしたり、もう異常な状態ですね(取材時の相場は90円台)。働いている人は雇用の契約を打ち切られたり、世界もそうですが日本国中がたいへんなことになっていますね。一個人投資家としては、ロングでもショートでもどちらでも方法はあるのですが、アメリカ発のことながら、国民の立場として言うなら政府や日銀には早く介入してこの状態を何とかしてもらいたいですね。私自身は出版やセミナーで忙しく、スイングや短期売買をする環境にありませんでした。今はランド/円のポジションを保有しているくらいです」

朝8時から深夜0時まで、延々と家宅捜索がつづきました。家族は夜になって自宅に帰ってきたんですが、この様子を見てとても驚いていました。押収された書類は段ボールで何箱になったかわかりませんが、きちんと目録を作っておいていってくれました。

 私は脱税するつもりなんて毛頭なかったんです。確定申告をするため、わざわざ元国税庁勤務の税理士さんに相談し、「利益が4億4000万円ぐらいだから、その8割の3億5000万円は納める用意をしてください」と言われて、そのための準備をしていたし、書類もちゃんと提出していた。その矢先にマルサがやってきたんだからビックリですよ。


FXで利益を出した人です。FXで利益を出しても、税金対策をすれば納税額を減らすことができるにも関わらず税金を納めなかった人、つまりFXなどのインターネット取引で平成22事務年度に脱税しようとした人の申告漏れ所得金額の総額は312億円(1件あたりの申告漏れ所得金額は1,268万円)にも上ります。

それだけFXで利益を出した人がたくさんいたということになりますが、それだけではなく、税務署が今、個人のFXトレーダーに対して、かなり税務調査を強化しているからなんです。悪質な脱税になると、逮捕・起訴されることもあります。4億円の利益を申告しなかったあの有名な主婦や、10億円の利益を申告しなかった89歳の男性は、実際に起訴されました。

また、3億円の利益を申告しなかった元小学校校長は、和歌山地裁起訴され、「店頭でのFXによる利益が国税当局に把握されにくいことを利用するなど巧妙で悪質」と、懲役1年6月、執行猶予4年、罰金3,200万円の判決を言い渡されました。

脱税した本人は軽い気持ちだったでしょうが、脱税は犯罪行為なので、利益が出たらしっかり税金を納めましょう!


FX(外国為替保証金取引)の場合は、ほとんどの場合は取引会社のWebサービスを利用して行われます。実際に銀行からお金をおろして支払うわけではなく、また窓口で受け取るわけじゃありませんよね。

結局電子決済になるので、画面上で数字が増えたり減ったりするだけ。いわばマネーゲーム化してしまうことが多く、感覚が麻痺してしまうのでしょう。

最初は数百万円の資金が膨らみ、いつしか千万円単位になってしまうと、10倍のレバレッジなら億円単位で取引が可能になるのですから、金銭感覚がずれて脱税に走るのかもしれませんね。

実際にFX(外国為替保証金取引)で脱税して捕まる人の中には、あまり脱税した実感を持たない人も多々いるようです。


株とFXの脱税で逮捕された事例を見ると、複数人による計画的な脱税について、読売新聞2013年1月30日が9500万脱税容疑、ネット広告会社社長ら逮捕と報じているので見てみましょう。
株の売却益などを隠し、所得税約9500万円を脱税したとして、大阪地検特捜部は30日、インターネット広告会社社長・田中忍容疑者(39)(大阪市北区)を所得税法違反容疑で逮捕し、共犯として、別の会社の役員・太田稔(50)(兵庫県宝塚市)、同・鄭英二(48)(堺市北区)の両容疑者を逮捕した。(読売新聞)
株の売却益を隠したとして、大阪地検特捜部が動いており、悪質な脱税であると判断されたのかもしれません。
株売却益とFX取引の利益隠し
脱税を大阪地検特捜部が捜査
脱税は複数人物で行われている
脱税の事件で気になっているのは、複数人物が関わっている事ですね。

株売却益とFX売却益を脱税

発表によると、3容疑者は共謀、株売却益の一部や外国為替証拠金取引(FX取引の運用益を隠し、2010年の田中容疑者の所得が約6億4600万円だったのに、約2億4400万円とする虚偽の確定申告を行って本来の所得税額(約1億2600万円)の大半を免れた疑い。(読売新聞)
脱税後も、所得のかなりの金額になっていますが、経費で落とす事で無税にしたということなのでしょうか。

脱税の役割分担と確定申告

特捜部によると、田中容疑者のFX取引の利益を鄭容疑者の会社のものだと装っていたほか、太田容疑者は田中容疑者の虚偽の確定申告手続きをしたという。(2013.01.30産経新聞)


datu222.jpg

>FXや株で脱税を指摘される人がいますが、なぜ税金を払っていないことがわかるのでしょうか?
FX業者や証券会社など金融機関は、口座を開設している人全員の1年間の取引額を税務署に報告する義務を負ってます。
ですから、税務署は確実に把握できるのです。
このため、口座開設のためには本人確認が必要になっているのです。
海外の業者は義務を負いませんから、海外で取引する分については日本の税務署は把握できません。


FX(外国為替保証金取引)の利益による脱税者が出続けるのは、いったい何故なのでしょう。それはFX(外国為替保証金取引)が手持ち資金を証拠金として用意すると、数倍から数十倍の金額の取引が出来る事に起因しそうです。これをレバレッジを効かすと言い、損益両方に作用します。

そしてもちろん儲け分には税金が掛かるのですが、それを巧妙に支払わない輩がいて税務署に御用となるわけです。なにせ手持ち資金の数十倍もの金額を取引できるのですから、時にはとてつもない利益が生じます。それによって金銭感覚が鈍ってしまい、脱税者が出やすくなるのです。


FXの脱税は何億抜いても執行猶予?
 一般的にFXの脱税について、執行猶予(しっこうゆうよ)が付いてくると言って軽視している方が多いはず。

 執行猶予とは、「犯罪を犯して判決で刑を言い渡された者が、執行猶予期間に他の刑事事件を起こさなければ、その刑の言渡し自体がなかったことになる」と言う極めて甘い香りのする制度です。

 「なんだ〜。脱税がバレテモ刑務所に行かなくて良いんだ〜。」
と、思わず肩の力が抜けてしまうところですが、実はこれだけではありません。

 まず脱税が見つかった後に「修正申告」をすることとなります。
そして、本来納めるべきだった税額と申請して既に納めた税金の差額に、仮装隠蔽している事実があった場合として35%または40%の重加算税がかかります。

 さらに、本来の申告期限からの延滞税を年利14.6%という高利を加えて納めなくてはいけません。

 FXの利益で100万円の申告隠しが有ったとしたならば、最低でも35万円プラスされた135万円を納める必要があると言う事です。

 非常に恐ろしい話です。

 また、執行猶予が付いているとしても、猶予期間中に罰金刑以上の刑罰が科されると、執行猶予が取り消されてしまう可能性がでてきます。

 言いかえると、一般道で車を運転中に30キロを超えるスピード違反により検挙されてしまうと、それだけで刑が執行されてしまい「そのまま塀の向こう側」となってしまいます。

 FXをする方ならリスクとリワードに対する理解があると思いますが、リスクを考えるとリワードが小さすぎますよね?


確定申告をしなければならない人とは、どんな人でしょうか?

◆年間の給与収入が2,000万円を超える人
◆給与を一つの会社からもらっていて、給与所得や退職所得以外の各種の所得金額の合計額が20万円を超える人
◆給与を二つ以上の会社からもらっていて、年末調整をされなかった給与の収入金額と給与所得や退職以外の各種の所得金額の合計額が20万円を超える人
◆同族会社の役員やその親族などで、その同族会社から給与の他に、貸付金の利子や店舗などの賃貸料などの支払いを受けた人
◆災害減免法により、源泉徴収税額の徴収猶予や還付を受けた人
◆源泉徴収義務のない者から給与等の支払いを受けている人
◆退職所得について正規の方法で税額を計算した場合に、その税額が源泉徴収された金額よりも多くなる人

これに当てはまる人は、確定申告をしなければいけません。



今まではFXにかかる税金のために一手間かかる対策を講じてきたのですが、2012年からは株式投資と同様に税率は一律になりました。FXの税率は株式投資よりも高いですが、一律20%で済みます。

ただし、2013年からは復興特別所得税が課せられたため、税率は20%から20.315%に増えました。こちらは2037年まで続く実質的な増税です。



zei3333.jpg

FX利益・申告しないとどうなるの?のまとめ

 これまでの内容の要点を簡単にまとめてみました。

FXの脱税について税務署は非常に目を光らせている。
仮装隠蔽している事実があった場合として35%または40%の重加算税を支払う必要がある。
延滞税は年利14.6%。
脱税はリスク・リワードが非常に悪い。


損益通算できるものは何?

2012年1月からは税率が一律20%の「申告分離課税」に変わり、損益通算できる金融商品の種類が増えました。

FXと損益通算できるのは

・取引所FX(くりっく365)
・くりっく株365
・日経225先物
・商品先物取引
・CFD

これらの取引を複数のFX業者で行った場合も損益通算できます。ただし、上場株式投資信託、株式の現物取引は損益通算できないので注意してください。

具体例を出すと、FXで100万円の利益、くりっく365で200万円の利益、くりっく株365で20万円の損失、日経225先物で100万円の損失であれば、
100万円+200万円−20万円−100万円=180万円
となり、納税額は180万円×20%=36万円となります。


FXの節税対策はあります。その一つが必要経費というものです。

例えば、FXでの利益が100万円出たけれども、FXの利益を出すために、10万円のFX投資セミナーに行った場合、これは必要経費になりますので、100万円−10万円で90万円に対して税金がかかります。

必要経費として申告できる可能性があるものは

・セミナー参加費用(交通費なども含む)
・FXに関する資料にかかる費用(書籍、新聞、有料投資情報など)
・取引手数料
・パソコン(減価償却費)
・インターネット費用(プロバイダ代、モデムレンタル代など)
・電話代(電話注文、携帯取引で使用する場合)
・事務用品(ノートやペンなど)

などがFX取引の必要経費として考えられます。

パソコンやインターネット費用、電話代などは、FXのためにどれくらい使っているかの割合分しか経費になりません。つまり、普段はほとんどネットショッピングや動画の視聴(FXのwebセミナーなどは除く)ばかりしていて、FX取引のために使っているのは全体の10%程度ということならば、経費は総インターネット費用の10%になってしまします。

逆に、FX専用のパソコンやインターネット回線、電話などがあるなら、それは全額経費として認められます。

家賃もFX専用に借りている部屋があれば全額認められますし、一室を使ってFXトレードしている場合などは一部が認められるでしょう。

このようにして、必要経費をなるべく多く申告するのがFX節税対策の一つの方法です。何が認められるかは税務署の判断になります。税務署が認めてくれなければ諦めるしかないのですが、思いつく限り必要経費として申請してみることをオススメします。

ここで注意しなければならないのは、FXの利益が30万円で、経費が30万円かかったと思っている方も、確定申告はしなければいけません。とにかく、FXの利益が20万円を超えてしまったら、確定申告が必要になります。そして、その確定申告の中で、利益30万円−経費30万円=所得0円ということが確定されれば、税金を払う必要はなくなります。


zei4444.jpg


「FXで1億円超脱税、シンガポール移住でも逮捕 」
「4億円を隠した主婦が告発」
「申告漏れ対策で13年末から」
これらの記事は全て、FXで得た所得を申告せず所得税を脱税したとして容疑者を所得税法違反(脱税)の疑いで逮捕したというもの。
このようなニュースを見ていると「FXは怖い・・」と思うと同時に「FXはやっぱり儲かる」とも思います。

FXでの儲けも所得として扱われます。
所得については所得税を支払わなければなりません。
確定申告をして、自発的に税金を納めなければならないのです。

大口脱税事案の中で、近年、検察庁への告発件数が非常に多くなっているようです。
特にFXを含む商品や株式取引による利益の脱税については、税務署も非常に目を光らせていると思いましょう。


大阪国税局は、FX(外国為替証拠金取引)で2006年12月までの3年間で、
1億700万円を脱税したとして、和歌山県橋本市の元教諭、中村安雄(71)を
所得税法違反の罪で和歌山地検に告発していたことが判明した。

中村元教諭は、店頭金融先物会社2社にて取引し、
2004年に約3200万円、05年には約9600万円、そして05年には約1億8400万円の
儲けがあったにもかかわらず、その所得合計3億1200万円は申告せずに年金だけを
申告して、3年間で約1億700万円の所得税を脱税した模様。

同元教諭は、橋本市内の小・中学校で教頭や校長を歴任、退職後2003年10月より
220万円を元手にFX取引を開始し、運用益は預貯金や再投資にまわしていた。

同元教諭は、店頭取引なので発覚はないと考えていたらしく
「申告したら利益の半分以上が税金でもっていかれると思った。老後の蓄えにし
たかった」
と話しているという。



東京都世田谷にお住まいの主婦、池辺雪子被告(60)が
約1億3900万円を脱税したとして、所得税法違反の罪で
東京地裁は「犯行は悪質」として懲役1年6月、執行猶予3年、
罰金3400万円(求刑懲役1年6月。罰金4200万円)
を言い渡した。

判決によると、
池辺被告はFXや商品先物取引で得た利益を家族名義の口座に、
入金させるなどの手口で、平成15〜17年の3年で約4億700万円の所得を隠し、
約1億3900万円を脱税した。



デモで失敗したら止めることも考える

こうしたニュースからFXに関心を持っても、じゃあ何から始めればいいのか、ということに突き当たる。誰でもいきなり路上で車の運転はできない。普通は、ブレーキやアクセルの使い方を習わないと運転はできないのと同じこと。それに事故に遭ってしまう確率もかなり高くなる。FXは車の運転と全く同様、本番に行く前にデモ・トレードを取引の練習をすることはマストアイテム。取引システムの使い方(会社によって差異がある)や、注文方法や資金管理の方法、そしてもちろん為替相場にも慣れなくてはいけない。意外に初歩的なミス、例えば売りと買いを間違えたり、売買数量を間違えたりする人が多いようなので、本番でつまらない初歩的ミスによる致命的ミスを負わないためにもデモはとても大切だ。デモは1−2回ではだめ。納得行くまでやろう。

外国為替証拠金取引(FX取引)で得た所得を申告せず、所得税を脱税したとして、
静岡地検は9日、シンガポール在住の自動車部品製造会社役員溝田耕治容疑者(37)を
所得税法違反(脱税)の疑いで逮捕した。

発表によると、溝田容疑者は静岡県伊豆の国市などに住んでいた2009〜10年、
同県三島市にある会社の施設内に置いたパソコンでFX取引を行い、
09年と10年分の所得計約3億6800万円を申告せず、約1億4000万円を脱税した疑い。
地検幹部によると、取引で得た利益は複数の他人名義の口座に保管していたという。

溝田容疑者は10年12月にシンガポールに移住したが、その後も三島市内のパソコンを利用し、
自動的にFXを売買できる投資ソフトを使って取引を続けていたとみられる。


株式譲渡や外国為替証拠金(FX)取引の利益約4億円を隠し、所得税約9500万円を脱税したとして、大阪地検特捜部は30日、所得税法違反容疑で大阪市北区の会社役員、田中忍容疑者(39)ら3人を逮捕、大阪国税局と合同で関係先を家宅捜索した。

 ほかに逮捕されたのは、会計代行会社役員、太田稔容疑者(50)=兵庫県宝塚市=と貴金属販売会社役員、鄭英二容疑者(48)=日本名・大島英二、堺市北区。

 特捜部によると、田中容疑者のFX取引の利益を鄭容疑者の会社のものだと装っていたほか、太田容疑者は田中容疑者の虚偽の確定申告手続きをしたという。

 逮捕容疑は共謀し、田中容疑者が平成22年の1年間に通信関連会社の株式譲渡やFX取引などで約6億4600万円の所得があったのに、約2億4500万円だったと申告し、所得税を脱税したとしている。



税金対策に失敗した男の悲劇 相場131202


FXと先物の税金で国税の督促状が来た


☆バイナリーオプションの比較、口座開設・入出金方法・詳細内容・
タイアップキャンペーンはこちらをクリック!!
▼"バイナリーオプションは、トランプの「ハイ&ロー」と同じように、
相場が上がるか下がるかを当てるだけの簡単な投資です。”
予想が当たれば約2倍になります▲


iforex.jpg



●海外FX・BO業者の口座開設マニュアルはこちらをクリック! 大体、どの業者も入力する事項は同じです!●



テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
驚いた 驚いた
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
FX 株 脱税情報集 逮捕者等 まとめ 脱税のペナルティは?  FX利益・申告しないとどうなるの? 水色の『FX CFD 比較 ランキング 情報・局』/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる